海外発送を依頼された印刷会社の営業マン

多くの日本企業が海外企業とビジネスを行う昨今。宣伝活動のために展示会に出展し、見込み客を獲得するなどの地道な活動が求められています。近年は中小企業も海外におけるビジネスチャンスを狙っているため、普段は日本国内で働く社員にも、ある日、突然に海外と関わる機会が訪れることも。

印刷会社の営業マンである山田幸一さんもそのひとり。今回は印刷物を、直接、海外へ発送して欲しいという依頼がありました。

スピードと安心感を求めるならDHLで海外発送

私が担当する取引先の一社は、売上の大部分を海外との取引が占めています。印刷会社である当社は、パンフレットを中心とした販売促進ツールを納品し、取引先のビジネスをサポートしています。印刷物に使われている言葉は英語ですが、私は大の苦手。それどことろか、海外とは一切縁のない人生を送ってきました。

それがある日、いつもどおり納品予定日をお客様と調整していると、今回は当社から直接ヨーロッパに荷物を送って欲しいとのお話が。通常は当社から取引先に納品し、取引先から海外へ発送されるのですが、時間短縮のため、印刷が完了したら直送することに。当社が手配できなければ現地の展示会の初日に間に合わず、ビジネスに支障をきたすと伺っては、お断りするわけにはいきません。

お客様からは、いつも海外発送に使っているというDHLのエクスプレスイージーを紹介されました。しかし、初めて名前を聞くサービスで、どうなることかと心配でなりません。お客様によると、書類は英語と言ってもほとんどローマ字で書くみたいなものだから大丈夫とのこと。騙されたと思ってホームページを確認してくださいと言われ、帰社後に手順を調べました。

ご紹介いただいたエクスプレスイージーのホームページを訪れると、簡単で誰でもできるという説明が。送り方を読んでいくと、送り状とインボイスを作るらしいということが分かり、記入見本も見つけました。どうしてもわからないところは、DHLのフリーダイヤルに質問をし、また、お客様にも助けていただき、何とか書類の用意まで準備が整いました。

DHLのエクスプレスイージーは専用のボックスを使うため、お客様から事前にボックスを受け取っておくといいと伺っていたので店舗にも足を運びました。スタッフの方は、私のお客様をよくご存じのようで、私が来た事情とこれから海外発送を行うことを伝えると、DHLのフリーダイヤルを教えてくれました。これがなければ、時間通りに完了しなかったかもしれません。

とにかく、専用ボックスを先に入手していたので準備万端!刷り上がったばかりのパンフレットを梱包し、店舗に持ち込みました。その後はあっという間で、気が付けば印刷物が現地に無事到着したとの連絡が。次はもっとスムーズにできそうです。

DHLエクスプレスイージーなら世界220の国と地域に安全・確実・スピーディーに書類と貨物を届けることが可能です。DHLはこれから世界へビジネス領域を広げようとする、中小企業を全力で応援します。

最新事例

海外赴任をしている夫へのプレゼント

海外赴任をしている夫へのプレゼント

グローバリゼーションが進む世の中では多くの人々が国と国を行き交い、ビジネスを行って…

研究開発は日本だけでは行えない

研究開発は日本だけでは行えない

人の健康を取り巻く環境は昔に比べて大変良くなっています。その要因のひとつとして、医…

留学手続きに関する必要書類の送付

留学手続きに関する必要書類の送付

現在、海外の大学や語学学校に留学する際にオンライン出願が便利で、多くの受け入れ大学…

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

引田達夫さんは、家電メーカーの海外営業マン。年が明けるとともに仕事でシンガポールに赴任し…

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

大手商社に勤務する根岸孝之さんには、世界各地で勤務する同期入社の友人がいます。なかでも今…

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

東京都内で金型部品製造業を営む落合進さんは、DHLエクスプレスイージーの利用をはじめて数年が…

  • 220以上の国と地域をカバー

    世界220以上の国と地域をカバーしているから、届けたい相手に、送ることができる。

  • 専用梱包材で簡単発送

    発送は簡単3ステップ。まずは、送りたいものを店頭に持ち込むだけ。

  • 国、地域と荷物のサイズでわかる、明快な料金体系。

    送り先のエリア、梱包材のタイプと重さでわかる、明快でシンプルな料金設定。

  • 荷物のお届け状況を
    タイムリーに確認可能

    すべての配送を自社ネットワークで行っているからWEBやメールでいつでも配送状況が確認できる。

ページトップ