コンサルティング会社が大量の書籍資料を発送

多忙を極める職業として知られているビジネスコンサルタント。戦略系のコンサルティング会社に勤務する森本俊介さんは、まだ経験が浅く、情報の収集や資料作成に多くの時間を費やしています。日本企業の海外進出戦略や自社ネットワークから依頼される課題について情報加工してプレゼンテーションを作るだけでなく、データそのものを海外に送る場合もあり、DHLエクスプレスイージーの利用が始まりました。

仕事に期限があるため、輸送時間の短縮は重要課題

一口に企業の海外進出と言っても、対象となる国の経済状況や法規制、消費者動向、会社設立の制限、パートナー企業の可能性など、取り組むべき課題やそれに関わる情報は多岐にわたります。また、プロジェクトの対象が一カ国だけではなく、複数になる場合は、チームメンバーが集める情報もそれだけ増えることになります。

例えば、あるクライアントにアジアの市場進出について提案を行うプロジェクトがありました。デスクワークだけでなく、いくつかの国に訪問して情報を得ることからスタートし、最終的には、クライアントのアジアと日本本社のマネジメントに対してプレゼンテーションを行うことになりました。そうなると、アジア本部の近くにチームが泊まり込み、そこで追い込み作業をおこなうことになります。 日本からは事前に準備を行い、必要なものを現地に送りました。

仕事に関しては、国内のクライアントだけでなく、海外のオフィスネットワークから情報の提供依頼を受けることがあります。時に集める資料は膨大で、元情報が電子化されておらず紙のままということもあります。インターネットで送れるように紙の資料をデジタル化している時間もありません。通信手段がこれだけ発達して、重い容量のファイルでも簡単に送れるようになっても、海外へ物理的に送る手段は不可欠なのです。

DHLエクスプレスイージーを使いはじめてしばらく経ちますが、店舗に持ち込みができるのがとても便利です。日々、忙しくしているため、誰かに頼んだり荷物の引き取りを待つよりは、自分が動ける時に手配してしまうのが効率よく、気楽です。発送費用がキャッシュ払いというのも実は好都合です。払った分をその都度プロジェクトごとに経費処理できるので、請求書が来て、「これは、どのプロジェクトで処理するか?」と考える必要がないのです。

送った後に、海外の同僚から、「資料が届いたよ。ありがとう」というメールが届くと、一区切りできるのでとても安心します。書類の送り先が日本近隣のアジア諸国、 ほとんどの場合、翌日に届きます。このスピードは、日本で宅配便を送るのと同じで、いつも驚かされています。我々のビジネスニーズからすると、DHLエクスプレスイージーで物が届かない場所はないと言えます。世界のどこにでもトップレベルのスピードで配達してもらえるのは、時間に追われて仕事をしている人間にとっては、ありがたいことです。

DHLエクスプレスイージーなら世界220の国と地域に安全・確実・スピーディーに貨物を届けることが可能です。DHLはビジネスにスピード感を求める、ビジネスパーソンを全力で応援します。

最新事例

海外赴任をしている夫へのプレゼント

海外赴任をしている夫へのプレゼント

グローバリゼーションが進む世の中では多くの人々が国と国を行き交い、ビジネスを行って…

研究開発は日本だけでは行えない

研究開発は日本だけでは行えない

人の健康を取り巻く環境は昔に比べて大変良くなっています。その要因のひとつとして、医…

留学手続きに関する必要書類の送付

留学手続きに関する必要書類の送付

現在、海外の大学や語学学校に留学する際にオンライン出願が便利で、多くの受け入れ大学…

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

引田達夫さんは、家電メーカーの海外営業マン。年が明けるとともに仕事でシンガポールに赴任し…

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

大手商社に勤務する根岸孝之さんには、世界各地で勤務する同期入社の友人がいます。なかでも今…

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

東京都内で金型部品製造業を営む落合進さんは、DHLエクスプレスイージーの利用をはじめて数年が…

  • 220以上の国と地域をカバー

    世界220以上の国と地域をカバーしているから、届けたい相手に、送ることができる。

  • 専用梱包材で簡単発送

    発送は簡単3ステップ。まずは、送りたいものを店頭に持ち込むだけ。

  • 国、地域と荷物のサイズでわかる、明快な料金体系。

    送り先のエリア、梱包材のタイプと重さでわかる、明快でシンプルな料金設定。

  • 荷物のお届け状況を
    タイムリーに確認可能

    すべての配送を自社ネットワークで行っているからWEBやメールでいつでも配送状況が確認できる。

ページトップ