アパレル業界ではスピードが重要

世界各地で様々な商品やビジネスが生まれ、消費者は新しいものを常に求める時代となっています。数年前までは1年に1、2回のペースで新商品が市場へ投入されていましたが、昨今、そのスピードでは業界でマーケットシェアを維持することは難しく、売上向上が見込めない状況となっています。特にアパレル関係のビジネスは流行がものすごいスピードで移り変わり、ファストファッションが主流となっています。セレクトショップも数多くあり、若い消費者は個性的で刺激的な服を常に求めています。

アパレル業界では如何にトレンドを掴み、商品を企画してスピーディーに市場へ投入できるかが成功のカギとなっており、企画にかかるリードタイムは出来るだけ圧縮しなければなりません。次のエピソードは少人数でアパレル会社を運営しているDさんのケースになります。

中小規模のアパレル会社が市場で勝ち抜いていくには

私たちは数年前にアパレル関係の企画会社を設立しました。従業員8名の小さな会社ですが、取引先は中小の小売店が多く、最近では大手企業にも服飾の企画・販売を行っています。ファッション業界の流行はご存知のとおりスピードが重要で、近年は今まで以上のスピードが求められています。少し前までは春に秋冬物、秋に春夏物というペースで企画をしていたのですが、クライアントの要求はさらに短くなってきています。

現在、日本での製作はほとんど行っていません。有名な海外工場といえば中国でしたが、今ではチャイナリスクやコスト増に伴い、ベトナム・タイ・インドの工場と契約することが多くなってきています。新製品のパターンやイメージについてはEメールでのやり取りで事が足りるのですが、サンプル・生地の質感やボタン・品質ラベルなどは実物を送って確認しています。また、サンプルが出来上がった時点で手直しがあるため、海外とのやり取りが数回は発生します。

現在、日本から海外工場への発送はDHLのエクスプレスイージーを利用しています。企画や制作の段階で、海外とのやり取りに時間を掛けている余裕はほとんど無いのが現状です。その点でDHLの配達スピードは私達の業界に欠かすことの出来ないものになっています。また、少人数の会社なので集荷を待っているような時間も無く、持ち込み発送できるDHLのエクスプレスイージーは重宝しています。24時間いつでも受け付けてくれる店舗もあるので、その点でもメリットが大きいですね。

私達のような小規模のアパレル会社が大手を相手に市場で勝ち抜いていくことは至難の業ですが、クライアントに可能な限り早く・良い品質の物を提供することによって、十分、太刀打ちできると考えています。あとは自社のデザイン・企画・営業力をつけて、会社を大きくしていきたいですね。

あなたの取引海外工場が中国・ベトナム・タイ・インドなど、どこであってもDHLエクスプレスイージーなら世界220の国と地域に安全・確実・スピーディーに貨物を届けることが可能です。DHLは中小規模でこれから会社を大きくしていく夢をお持ちの企業の皆さんを全力で応援します。

最新事例

海外赴任をしている夫へのプレゼント

海外赴任をしている夫へのプレゼント

グローバリゼーションが進む世の中では多くの人々が国と国を行き交い、ビジネスを行って…

研究開発は日本だけでは行えない

研究開発は日本だけでは行えない

人の健康を取り巻く環境は昔に比べて大変良くなっています。その要因のひとつとして、医…

留学手続きに関する必要書類の送付

留学手続きに関する必要書類の送付

現在、海外の大学や語学学校に留学する際にオンライン出願が便利で、多くの受け入れ大学…

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

海外赴任の準備にもDHLが役立ちます

引田達夫さんは、家電メーカーの海外営業マン。年が明けるとともに仕事でシンガポールに赴任し…

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

アフリカで暮らす友人に、クリスマスギフトを。

大手商社に勤務する根岸孝之さんには、世界各地で勤務する同期入社の友人がいます。なかでも今…

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

中小企業の海外展開に、DHLのブランド力を

東京都内で金型部品製造業を営む落合進さんは、DHLエクスプレスイージーの利用をはじめて数年が…

  • 220以上の国と地域をカバー

    世界220以上の国と地域をカバーしているから、届けたい相手に、送ることができる。

  • 専用梱包材で簡単発送

    発送は簡単3ステップ。まずは、送りたいものを店頭に持ち込むだけ。

  • 国、地域と荷物のサイズでわかる、明快な料金体系。

    送り先のエリア、梱包材のタイプと重さでわかる、明快でシンプルな料金設定。

  • 荷物のお届け状況を
    タイムリーに確認可能

    すべての配送を自社ネットワークで行っているからWEBやメールでいつでも配送状況が確認できる。

ページトップ